パート5のポイント

Prt5(短文穴埋め問題) 問題数40問

TOEICのパート5は短文穴埋め問題です。短文の中の空白部分に単語を入れます。パート5のポイントは、「全問正答にこだわらないこと」です。各設問では、問題文を読まなくても回答できる場合が多いです。注意するべき個所は、空白部分の前後の単語です。ここを見ることで、入れるべき単語が分かることが多いです。

パート5においては、「問題をじっくり読んで言わんとすることを類推する」なんてことは必要ありません。問題文の空白部分の前後の単語を見て、選択肢を選びましょう。読んでパッと入れるべき単語が分からない場合は、その問題を飛ばし、次の問題に進みます。時間にして15秒間、それ以上かかりそうなら飛ばします。1つの問題にはまってしまって、その他の多く問題を解く時間が無くなってしまったのでは、ハイスコアは望めません。問題文を読まない、15秒以上かかりそうな場合は飛ばすなどして、なるべく時間を節約し、その余った時間で確実に正答できる問題を回答していきましょう。 

ちなみに、長くかかりそうな問題を飛ばして節約した時間は、パート7のために使うようにしましょう。パート5のためだけに使ってはいけません。パート5の問題の場合、パッと見て分からない場合は、そのイディオムなり単語なりを知らないということです。だからいくら考えても、わかるはずはありません。しかしパート7は、時間をかけて考えれば正答できる問題が用意されています。

イーオン無料体験レッスン